大聖寺山ノ下寺院群散策イベント最終日

 4月27日から行われてきたイベントもいよいよ最終日です。「楽焼き花器で生け花展」も多くの来場者があり狭い会場が混雑していました。5月4日、5日は日差しが強いので、苔鉢の保護のため入り口に遮光ネットを張りました。会場に生けられた花も毎日活け替えたり、水を補充しながらされて頑張っています。  最終日です、らくやき体験工房や各寺院にぜひお出かけください。  主なイベント    ・らくやき体…

続きを読む

山ノ下寺院群公開イベント始まる

 大聖寺山ノ下寺院群の公開イベントが始まった。蓮光寺で関係者が集まりオープニング式典が行われた。参加者が鐘楼の鐘を突きゴールデンウィーク9日間がスタートした。  また、蓮光寺の書院では初公開となる六曲一双の屏風が飾られた。金箔に東海道53次を描いた屏風で色鮮やかな色彩に目を奪われるようでした。ぜひ一見していただきたい。  らくやき体験工房では以下の行事を行っています。  苔玉の展示販売…

続きを読む

大茶盛茶会始まる

 蓮光寺が主催する「第11回大茶盛茶会」が11月3日9時から始まった。やっと晴天に恵まれた感じで、朝からさわやかな秋空が広がっています。大茶盛席には北辰明王の掛け軸が掛けられ、大きな茶碗で点てられたお抹茶を5人で回し飲みしていました。薄茶席では椅子席でお抹茶をいただけるとあって愛好者が訪れています。大茶盛は14時30分受付mで行われています。当日券(2000円)もありますので是非蓮光寺に来てくだ…

続きを読む

加賀神明宮白山宮からの日の出拝めず

 白山からの日の出が鞍掛山。白山宮と一直線に並ぶ11月2日、雨が4時近くまで降り、日の出が心配されたが白山は雲に隠れ日の出を拝むことはできなかった。集まった30人余りは来年こそは見ようと残念そうに立ち去った。山ノ下寺院群公開イベントもいよいよ後半、3日は蓮光寺の大茶盛茶会が開催される。当日券もありますのでぜひ来てください。また、藩主の菩提寺実性院では「高光一生陶芸展「が期間を延長して11月4日ま…

続きを読む

楽焼きには苔玉が似合う

 らくやき体験工房の「苔玉作り体験」が5月30日午後開催され、会員や会員の知人13名が、古流柏葉会師範荒木理芳先生の指導で苔玉作りに挑戦した。材料のコケは会員が、紅葉や杉、シダなどは私の山で調達した。 小さな木まどを粘土質の土で囲み玉にしたあと、コケで全体を覆い、黒い糸で縛れば苔玉が完成する。出来上がった苔玉を楽焼きの皿などに入れるとより一層引き立つ気がする。鉢物に素焼きの鉢を使うように軟質陶…

続きを読む

さくらの古木蘇る

 らくやき体験工房横には、「さくら霊園」の名前の由来であるさくらの古木があるが、さくらが咲き終わった先日延命のための処理が行われた。10年前にも一度行われ、樹勢が回復して毎年大輪の見事な花を咲かせてきたが、幹に腐った個所が広がっていた。  腐った個所にはシロ蟻がわき樹勢を衰えさせる原因となっていた。すべて除去すると生きている幹は三分の一ほどになり、株部分は真中が空洞になってしまった。処理剤で埋…

続きを読む

らくやき体験工房 出石へ研修旅行

 らくやき体験工房の研修旅行があり兵庫県の出石を訪れました。当日は肌寒い天気でしたが雨の心配もなく、23名が朝6時30分に工房前を出発し、4時間余りで出石に到着しました。  出石では片岡愛之助の歌舞伎興行があり多くの人でにぎわっていた。出石では観光ガイドの方に街並みを案内していただきましたが、片岡愛之助が鯉を捕まえるシーンの説明には思わず引き込まれてしまいました。  出石名物皿そばで昼食を食…

続きを読む

蓮光寺の落ちない松かさのパッケージ

 大茶盛の寺「蓮光寺」のもう一つの名物、松かさが落ちない三つ葉松(北米産リギダ松)が話題となっている。10月23日未明の台風で二本とも倒れたことはブログでも紹介したが、伐採した末から採取した松かさと三つ葉をパッケージしたお守りが好評だ。11月3日の大茶盛茶会の参加者や朱印を希望される方々に配布された。  受験生には試験に落ちない、熟年世代には階段から落ちない縁起物として二つ、三つと希望される人…

続きを読む

落ちない松ぼっくりの木”復活”

 台風21号の強風で倒れた北米産”リギダ松”の1本が復活した。10月25日(水)に造園業者が入り、根こそぎ倒れた2本のうち本堂に向かい左側の1本を起して元通りに原状回復された。また、強風に対処するため三方を支柱で固定した。折れた枝などが剪定されたが、松かさがぶらぶらに下がった松の木が復活した。なお、他の1本は復元できないため伐採された。  10月26日(木)には薮内流茶道の方々が大茶盛を体験さ…

続きを読む

強風で蓮光寺の三葉松倒れる

 台風21号は22日~23日にかけて石川県地方にも多大な影響を与えた。大聖寺下屋敷町の蓮光寺にある「落ちない松ぽっくりの三葉松」二本が強風で倒れた。幸い鐘楼や本堂には被害がなかったが山門の一部が損傷を受けた。23日未明に倒木した模様で、関係者は何とか元のように起こせないか検討している。  らくやき体験工房は、雨が吹き付けたためか2か所雨漏りし、畳二枚が濡れた状態となった。窯場は積んである薪が濡…

続きを読む

知らなかった、北潟古謡どっしゃどっしゃ

 昨日8月6日(日)らくやき体験工房近くの古九谷の杜で「伝統芸能祭」が行われた。加賀市の黒崎土ねりや塩屋しゃしゃむしゃ踊りの後で北潟古謡どっしゃどっしゃが演じられた。太鼓と音頭取りが三人、踊り手が15人程度でテンポの良いリズムと踊り、音頭取りが唄う聞きなれない言葉・・。紹介では北潟7ケ村で踊り伝えられてきた踊りで福井県の無形民俗文化財に指定されている。白山は今年開山1300年と言うが、白山を開山…

続きを読む

作品展近づく 看板を蓮光寺に移設

 らくやき体験工房開所10周年を記念しての「大聖寺らく 軟陶の魅力展」が近づいてきた。会員のみなさまも作品つくりも一段落し、販売する作品の値段付けに悩んでいる様子だ。高くすると売れないし、安くすると原価割れになるためだ。一葉の目安となる標準価格を会員に配っているのだが・・・やはり価格は一番難しい。  会場となる蓮光寺の「落ちない松かさ」の記事が北國新聞(6月10日朝刊石川南)に掲載され、11月…

続きを読む

大聖寺山ノ下寺院群寺宝・庭園・御朱印めぐり始まる

 大聖寺山ノ下寺院群を巡るイベントが始まった。寺院群の蓮光寺でオープニングイベントがあり、宮元加賀市長が鐘楼の釣鐘を鳴らしイベントが開始した。蓮光寺は先日朝日新聞に紹介された「何年も落ちない松かさと三つ葉松」がありオープニングイベントに参加した参列者には三つ葉をラミネート加工した栞が配られた。  らくやき体験工房でも協賛行事として「手捏ね茶碗でお茶会」の茶碗作りが行われ、10人が茶碗作りを体験…

続きを読む

あけましておめでとうございます

 らくやき体験工房のある大聖寺も穏やかな新年を迎えました。昨年は雪の新年だったことを思いながら、朝7時ころ歩いて氏神様の加賀神明宮に初詣に行きました。本殿と、白山宮にも参拝してきました。  らくやき体験工房の営業は10日からですが、レジャー・遊び・体験の予約サイであるアソビューに登録してあるため、予約が入り1月2日も営業します。9日までは予約のみの営業となります。  昨年は多くの皆様…

続きを読む

申から酉へ干支の引き継ぎ

 平成28年も大晦日となりました。会員の皆様、体験に来ていただいた皆様本当にありがとうございました。  らくやき体験工房も窯場や作陶室の掃除も終わり、新年を迎える準備ができました。1月2日には体験のお客様が見えられるので初作りとなりそうです。毎年そうですが新年初めての作品は抹茶茶碗と決めています。  来年はらくやき体験工房にとっても、開所して10年目を迎えることになります。記念の作品…

続きを読む

蓮光寺大茶盛茶会開催中

 11月3日(木)は蓮光寺の大茶盛茶会です。私も第1席に入れてもらいました。20人の人たちと同席でした。ご住職が挨拶に出られ、床の間の掛け軸の説明をされた後大茶盛のお点前が始まりました。主菓子は山中山海堂の「こずえの錦」です。大茶盛は5人で大きな茶碗に点てられたお抹茶を喫します。茶碗が大きいため隣の人の助けを借りてのまれる人もいて、とても賑やかなお茶会となりました。  お茶会の後は隣の書院で行…

続きを読む

明日は蓮光寺大茶盛、水引細工の展示準備できる

 明日、11月3日は恒例の蓮光寺大茶盛が開催されますが、同時に行われる「水引細工のいりいろ展」の会場設営が同寺で行われた。会場には加賀水引で作った酉や羊などの干支、節句の雛人形や兜、床の間と違い棚を利用してお正月飾りなどが展示されています。大茶盛の合間にぜひご覧ください。   明日の大茶盛は当日券も用意してありますのでお気軽にお出かけください。      写真は展示されている水引の数々 …

続きを読む

大茶盛茶会近づく

 加賀市大聖寺下屋敷町にある日蓮宗の寺、蓮光寺の大茶盛茶会が一週間後に迫った。先日、茶席を担当する裏千家正教授荒木宗英社中の練習が行われた。年一回だけの茶会のため、手順の確認のために練習は欠かせないようです。茶道具一つ一つが大きいため細かな作法はできないが、薄茶点前にしたがって練習していた。11月3日(文化の日)は朝8時30分から受け付け開始で、9時から1席が始まります。まだお席に余裕があります…

続きを読む

楽焼絵皿コンテスト「私が選んだ一品賞」決まる

 10月22日(土)、23日(日)の両日、大聖寺地区会館で開催していた「第21回文化の祭典」が終了した。今回初めて登場した「窯焼きピザ」が大人気で早々に完売した。  八年前まで楽焼き窯「聖窯」を使用して楽焼き教室を開催していたのにと思うと複雑な気持ちにもなる。ピザを焼くのも結構大変だ。窯の温度を一旦700度程度まで上げた後、300度まで温度を下げてピザを焼く。ピザを焼く目皿も製作し、最大4枚を…

続きを読む

蓮光寺大茶盛茶会11月3日に開催

 大聖寺山ノ下寺院群にある日蓮宗の寺「蓮光寺」で9回目となる大茶盛茶会が開催が開催されます。毎年11月3日の文化の日に行われる恒例行事となっており、大きなお茶碗で5人分の薄茶が点てられ回し飲みします。毎年楽しみにしている方もいて、福井市や金沢市などから大茶盛茶会に来られる愛好家もおいでです。  今年は、水引細工をしている地元の方が「暮らしを彩る水引細工のいろいろ」を蓮光寺で展示しますので、お茶…

続きを読む

大聖寺地区会館の楽焼き窯を掃除

 大聖寺地区会館にはらくやき体験工房開設前に使用していた「聖窯」がある。地区会館で楽焼き教室を開講していた時に大変お世話になった楽焼き窯である。10月22日、23日に大聖寺地区会館で開催される「文化の祭典」で閉窯してから8年ぶりに火が入ることになった。今回の文化霞の祭典で「窯焼きピザ」を焼いて販売するため使用するのだ。先日8年ぶりに窯場をあけて掃除した。懐かしい気持ちと、8年間使用しなかった申し…

続きを読む

大聖寺蘇梁館駐車場の木製塀倒壊

 台風18号は昨日10月5日(水)夜、石川県に最接近し、金沢で瞬間最大風速43メートルを記録した。らくやき体験工房でも台風にそなえて、風で飛ばされないようバケツなどを片づけたり、重しを載せるなどの対策に追われた。今朝早朝点検のため工房を訪れたが、被害がなくホッとした。  しかし工房前の蘇梁館駐車場の塀垣が20メートルほど倒壊している。根元が腐食していたのが原因のようだ。10月8日(土)~10日…

続きを読む

工房前の用水にシジミ

 らくやき体験工房前に熊坂町地内から流れる用水があるが、先日孫がザリガニを探していて小さい貝が採れたと見せに来た。そこには小さなシジミ貝がたくさんいた。らくやき体験工房を開いて8年になるがまったく気付かなかった。蛍が食べるカワニナがいたり、いろんなトンボが飛んでいたりしてとても自然豊かな川なのである。  らくやき体験工房では10月8日~10日、近くの蘇梁館で開催の作品展の準備に追われています。…

続きを読む

窯入れは楽しい ピザパーティー

 4月24日は定例窯入れ日、今回は参加者が多いため8時から本焼きを開始、前日までに釉薬付けを終わった作品から窯入れしていく。今回は絵具で彩色した兜3面があるため気を使う。頑張ったおかげで会員さんがおいでる9時ころまでに兜3面を無事窯出しすることができた。  写真は仕上がった兜 今日は素焼きに2基の窯を使ったので本焼きをしない2号窯でピザを焼くことにした。私の娘が前日に仕込んだピザ生地…

続きを読む

大聖寺は大雪、連日の除雪作業でぐったり

 大聖寺は2月16,17日と大雪となった。16日(火)は最大積雪40センチ、家の前の国道や工房のある山ノ下寺院群は消雪装置があるので大助かりだ。でも歩道や私有地は人力で除雪しなければならない。自宅前は通学路になっているので登校時間までに通路を確保しなければと朝5時からの除雪作業となった。今度の雪は大聖寺エリアに集中した降雪だったためか加賀市の除雪体制も整わず、隣の建設会社の除雪車も朝7時ころにや…

続きを読む

大茶盛の寺蓮光寺山門移転工事終わる

 らくやき体験工房の隣にある日蓮宗のお寺華徳山蓮光寺の山門工事が完成した。山門そばに椎の木の巨木があるが、根っこが山門下に伸びて倒壊の恐れがあるため本堂側に3メートル移動した。蓮光寺は寛永21年(1644年)に建立された由緒あるお寺で、山門も創建当時のものと思われる。長年の風雨に耐えてきたためか歪みがひどく、移転工事を依頼された大工さんも苦労したようだ。また、山ノ下寺院群景観整備区域のため瓦も特…

続きを読む

高田宏さんを偲ぶ

 加賀市大聖寺出身で作家の高田宏さんが83歳で死去された。大聖寺にある「深田久弥山の文化館」の館長で、「石川県九谷焼美術館」の前館長でもある。  先生とは「深田久弥を愛する会」を通じて知り合い、何度かお酒も飲んだことがある。当時、私たちは深田久弥記念館を作ろうと愛する会を結成し、大聖寺中町にある深田久弥の生家で会合をしたりしてがんばっていた時期である。また、平成20年にらくやき体験工房をオープ…

続きを読む

蓮光寺は花に包まれて 花展近づく

 古流柏葉会加賀支部花展が11月1日(日)から三日間、日蓮宗華徳山蓮光寺で開催されるが、30日から花展の準備が始まった。生け込み用の花が本堂に広げられ、出瓶者は器と会場に適した花を選び生け込んでいた。明日31日も生け込みが行われ、11月1日の初日を迎える。また、最終日の11月3日は大茶盛茶会が開催される予定で花・茶・紅葉と文化の日にふさわしい一日になりそうです。  【注意】蓮光寺の山門が工事中…

続きを読む

鳥越坂のけもの道

 国道305号線鳥越坂(大聖寺三ツ町)にけもの道がある。旧北国街道のある長山から国道を渡り錦城山へと抜ける。数年前までは気付く人がいないほどの細い道だったのだが、最近は人が何人も上ったようなぬかるんだ道となっている。錦城山付近でイノシシの目撃が多数報告されているが、このけもの道を通って移動しているものと思われる。ぬかるみを見るとイノシシらしい足跡も見ることができる。夜間に国道を横断していると思う…

続きを読む

山ヒル? 体長70センチ

らくやき体験工房のジメジメとした所で発見、最初褐色のヒモが落ちているので拾おうと思ったほど、なんとゆっくり動いているではありませんか。スケールで測ると70センチもあるのでまたビックリ、工房のある下屋敷は山がかっているので蛇などが多いとは聞いていたがこんな生き物は見たことがない。お盆のころに墓参りに行くと山ヒルが多くいると聞いてはいたが現物にはお目にかかったことがない。60年余り生きてきたがまだま…

続きを読む