アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
らくやき体験工房
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
絵皿の焼成
絵皿の焼成  加賀市立錦城東小学校4年生が描いた絵皿の焼成を行いました。6月2日に親子行事として描いた作品で、大聖寺地区町づくり行事に協賛して行われました。40枚余りの作品を2時間余りで焼成できました。  作品は授業参観に合わせて学校で展示された後、10月に大聖寺地区会館で開催される「文化の祭典」で展示され審査されることになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 16:52
梅雨空にはアジサイが似合う
梅雨空にはアジサイが似合う  らくやき体験工房横の窯場に至る市道にアジサイが植えてある。10年前に工房を開いた時に、近所にあるアジサイを挿し木したもので、今ではアジサイ通りとしてこの季節の名所となっている。今年初めの大雪で、屋根雪が落ちて枝折れし、見る影もなかったが元通り見事に赤や青の花をつけてくれる。  「石川県も6月10日に梅雨入りしたと思われる。」と気象台の発表もあり、本格的な梅雨の季節を迎える。工房そばを通られたらアジサイを見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 13:17
保育園での出張楽焼き教室
保育園での出張楽焼き教室  先日、加賀市立山中中央保育園で今年度最初の楽焼き出張教室が開かれた。年長組さん9人の園児がお茶会で使用する抹茶碗とお菓子をのせる小皿作りを行った。毎年行われる恒例行事であるが、園児たちは初めての陶芸体験である。1時間ほどで茶碗と小皿の概形が出来上がった。  作品は工房に持ち帰って中外を削り、高台も削って仕上げられた。園児たちの作品の窯入れは8月25日(土)保護者も参加してらくやき体験工房で行われる。作品しばらくお預かりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 09:11
楽焼き絵付け体験始まる
楽焼き絵付け体験始まる  大聖寺地区町づくり推進協議会が主催する平成30年度の楽焼き絵付け体験が始まった。6月2日(土)加賀市立錦城東小学校4年生の親子行事として実施された。当日は40組が参加し、直径15センチの素焼きの皿に考えてきた絵模様を描いていた。絵付けは鉛筆で下書きした後陶芸用の下絵具で彩色するもので、水彩画風に薄目に着色すると仕上がりが良い。参加した皆様は1時間余りで描き終えることができた。  作品は6月17日までに窯入れし、その後学校に飾られることになっている。また、10月20日、21日に行われる「大聖寺... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 13:28
楽焼きには苔玉が似合う
楽焼きには苔玉が似合う  らくやき体験工房の「苔玉作り体験」が5月30日午後開催され、会員や会員の知人13名が、古流柏葉会師範荒木理芳先生の指導で苔玉作りに挑戦した。材料のコケは会員が、紅葉や杉、シダなどは私の山で調達した。 小さな木まどを粘土質の土で囲み玉にしたあと、コケで全体を覆い、黒い糸で縛れば苔玉が完成する。出来上がった苔玉を楽焼きの皿などに入れるとより一層引き立つ気がする。鉢物に素焼きの鉢を使うように軟質陶器の楽焼き製品は鉢物には最適なようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 10:27
連休後半 体験と窯入れ
連休後半 体験と窯入れ  5月連休も後半、らくやき体験工房前の垣根には「鉄線」が真紅の花を咲かせており、寺院めぐりのイベントで多くの人たちが行きかっている。連休前半に企画した「初めての楽焼き陶芸体験」も10組の人が参加し、5月5日には窯入れを行った。また、4月22日に作陶体験した裏千家淡交会青年部北陸信越ブロックの人たちの窯入れも行われた。淡交会青年部の人たちは自分たちが釉薬付けした抹茶碗が真っ赤に焼けて窯から出され、だんだんと冷めて釉薬の色が現れたり貫入が入る「チンチン」の音に感嘆していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/06 08:45
山ノ下寺院群公開イベント始まる
山ノ下寺院群公開イベント始まる  大聖寺山ノ下寺院群春の公開イベントが今日から始まった。山ノ下寺院群を構成する七寺院、一神社を公開し御朱印と寺宝等を拝観できる。また蘇梁館では元日展参与で彫刻家の佐藤大有氏(1921〜2010)が母校の錦城小学校に寄贈した木彫りの彫刻「夏のあした」=日展第七回出品作が展示してある。佐藤氏の木彫りの彫刻はめずらしいので一見の価値がある。 5月6日(日)まで  らくやき体験工房でも協賛して「初めての楽焼き陶芸 作陶と窯入れ体験」を実施している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/28 10:26
淡交会青年部が茶碗作り
淡交会青年部が茶碗作り  淡交会青年部北陸信越ブロック主催の抹茶茶碗作りが4月22日(日)行われた。会員15名が思い思いの「オンリー碗」作りに挑戦した。参加した青年部会員は練習やお茶会でお抹茶を飲む機会が多いが、自分で作るのは初めての人たちが多かった。最初に飲みやすいこと、点てやすいことを基本にしてできれば形に品があることが大事と説明し、茶碗作りが始まった。最初に大よその形を作り、天日乾燥させたあと削って完成させる。2時間30分程度作陶時間があったが、高台の削りと銘を彫り陶芸教室を終えた。  参加された皆様は一様に楽... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/24 13:28
加賀神明宮春季大祭はじまる
加賀神明宮春季大祭はじまる  大聖寺の総鎮護「加賀神明宮」の例大祭が始まった。神輿が巡幸する町内には注連縄を張って神輿をお迎えする。賑わい町は獅子舞や子供神輿が練って祭りをもりあげる。地元の錦町も。青年団の獅子舞や子供会の神輿が各家を巡る。小学校6年になった孫が神輿行列の随神で参加している。明日の天気が心配です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/14 13:08
さくらの古木蘇る
さくらの古木蘇る  らくやき体験工房横には、「さくら霊園」の名前の由来であるさくらの古木があるが、さくらが咲き終わった先日延命のための処理が行われた。10年前にも一度行われ、樹勢が回復して毎年大輪の見事な花を咲かせてきたが、幹に腐った個所が広がっていた。  腐った個所にはシロ蟻がわき樹勢を衰えさせる原因となっていた。すべて除去すると生きている幹は三分の一ほどになり、株部分は真中が空洞になってしまった。処理剤で埋めて大がかりの大手術となった。  工房のシンボルでもあるので、なんとか蘇ってほしいと願っている。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/10 16:25
さくらの開花とタケノコは同じ
さくらの開花とタケノコは同じ  らくやき体験工房横にある「さくらの古木」が今年も開花した。昨年は4月5日の開花だったので一週間ほど早い開花となった。昨日の3月30日はお客様都合で臨時の窯入れを行った。福井県からのお客様3人と絵付け体験された作品を本焼きした。お客様は初めての体験なので楽焼きの窯入れがめずらしく、作品が30分ほどで焼きあがることに驚かれていた。東風が強く吹く肌寒い天気のため、暖かい窯場周辺が大人気でした。  工房そばの桜の名所、「熊坂川河畔」も開花し、来週は花見の人でにぎわいそうです。また、桜の開花と合わせて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/31 10:21
桜 つぼみ膨らむ
桜 つぼみ膨らむ  らくやき体験横の桜がつぼみを膨らませている。工房向かいの会社の駐車場には除雪で積み上げられた雪がまだ残っているのに・・・・。3月初めまでの寒さが嘘のように暖かい日が続いている。東京では桜が満開、気象学上休眠打破現象が今年は顕著に現れたためらしい。  工房の会員も秋の作品展が決まり、展示作品を作るため「休眠打破」で頑張ってもらいたい。陶芸シーズン前回です。ぜひ工房へ来て作品を作ってください。お待ちしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/25 09:34
作品もあんぱん、ピザもうまく焼けました
作品もあんぱん、ピザもうまく焼けました  桜のつぼみも膨らもうか思うような天気となった3月18日(日)定例の窯入れが行われた。今回は会員10名と体験者3名が参加した。早朝5時に火入れして作品の素焼きを取り、9時ころから本焼き開始、12時過ぎまでかかって100点近くの作品を焼き上げた。天気も良かったので、作品の仕上がりも満足いくものが多く、参加者は楽しい一日となったようだ。また、素焼きに使った2号窯では手作りの「あんぱん」、「ピザ」が焼かれ、本格窯焼きパンなどを味わっていた。満足、満足・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/19 13:11
干支「戌」と楽焼き陶芸展始まる
干支「戌」と楽焼き陶芸展始まる 加賀市立中央図書館ロビーで「干支と楽焼き陶芸展」が始まった。今回は会員10名が出品し、干支の「戌」と最近窯入れした作品約60点が展示されている。図書館の展示スペースは、ガラスで仕切られているため作品が良く見える。今回も色とりどりの陶芸作品が並び、とてもよい展示となった。ぜひご覧ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 15:08
市民アマチュア美術展で加賀市長賞受賞
市民アマチュア美術展で加賀市長賞受賞  第13回市民アマチュア美術展が2月17日から加賀温泉駅前の加賀市美術館で開催されている。開催に先立ち出品作品の審査が行われ、工芸部門で、らくやき体験工房会員の堀江千代子さんが最高賞の加賀市長賞を受賞した。今回の作品展には、らきやき体験工房からは5名が出展しているが、塚田和子さんも努力賞を受賞した。お気に入りの作品を探して投票もできるので、加賀市美術館に見に行ってねー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 16:44
窯入れは春の香り
窯入れは春の香り  2月18日(日)は今年最初の定例窯入れでした。窯場の周りは雪、雪、雪・・・。降った雪や屋根からの雪で埋まっています。4時30分に1,2号窯とも火入れ、外気温が低いので通常より1時間遅れて8時30分から本焼き開始。会員の皆様も初窯入れとあって9時ころには本日の予定者が集合した。体験者の2組も合流し、時々雪が舞う寒い中、釉薬を掻き混ぜ施釉する。2月の窯入れの宿命とはいえ、今年はやっぱり異常天気だ。作品の中にはお雛様もあり春が近づいている感がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 16:13
初窯は雪中窯入れ
初窯は雪中窯入れ 2月11日(日)今年最初の窯入れわ行った。2月5日から降った雪がまだ60センチほど残り、屋根の下は落ちた雪がうず高く積み重なっている。前日までに工房から窯場への通路を除雪し、どうにか窯入れができる状態にすることができた。11日に予定していた福井のお客様は豪雪のため来ることができなかったが、作品が多いのと自作分の本焼きのため予定通り窯入れを強行した。  1,2号窯とも素焼きを取るため作品をいっぱいに詰め込んで火入れ開始、窯自体と薪も湿っているため中々温度が上がらない。通常1時間半のところ、2時間... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/13 15:24
第30回いしかわ県民陶芸展始まる
第30回いしかわ県民陶芸展始まる  いしかわ県民陶芸展が金沢市の石川県文教会館で開催されている。らくやき体験工房から毎回出展しているが、今回は一般の部で5名、青少年の部で2名が出展し、文教会館理事長賞に一般の部で能登邦男さんが、青少年の部で大下瑠己さんが受賞した。1月21日(日)午後には会場の文教会館で表彰式が行われ、らくやき体験工房の2名も出席した。陶芸展は1月28日まで開かれているのでぜひご覧ください。  加賀方面からの出展が7名(内5名はらくやき工房)と少ないです。来年はあなたもチャレンジしてみませんか。    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 14:37
大聖寺は大雪
大聖寺は大雪  12日未明から本格的に降り出した雪は午前中も降り続き、久しぶりの大雪となった。工房のある大聖寺下屋敷町で積雪50センチ、長靴を超えるほど降り積もった。朝6時から自動車が出れるように自宅前を除雪、通学の子供たちが歩きやすいように歩道も除雪する。小学5年の孫にも手伝ってもらいようやくあけることができた。午後は駐車場に入れないため工房まで歩いて行く。1時間ほど除雪し、工房前もどうにか車1台分の駐車スペースを確保することができた。降雪地域に住むものの宿命とはいえ、70歳を過ぎたお爺さんにはやはり重労働... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 14:03
初作りはやっぱり茶碗
初作りはやっぱり茶碗  らくやき体験工房は1月8日(月)より平成30年の営業を開始しました。初日には、裏千家淡交会石川南支部青年部の役員3名が来房し抹茶茶碗作りを体験しました。4月に茶碗作りを行うための打ち合わせに訪れたもので、茶碗作りの工程説明を兼ね形作りと削りを体験しました。  私も初作りは抹茶茶碗と決めているので、2個の茶碗を完成させました。2月の初窯に赤楽、黒楽茶碗になるよう窯入れしようと思っています。  楽焼愛好家の皆様、会員の皆様 今年もらくやき体験工房をよろしくお願いいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 15:40

続きを見る

トップへ

月別リンク

らくやき体験工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる