加賀神明宮桜まつり

 加賀神明宮の春季例大祭、13日は天候に恵まれ祭り日和となった。らくやき工房のある下屋敷町の子供神輿も工房に来てくれて「ワッショイワッショウイ」の掛け声とともに神輿が乱舞していた。獅子舞も八町内ほど出ていて、太鼓の音が近く遠く聞こえていた。  今日は最終日で、神明宮の神輿は水守神社を出発し、お帰り筋の町内を巡り17時ころ神明宮に還幸する。  通過町と時間   水守神社0.30出発→大聖…

続きを読む

加賀神明宮桜まつり始まる

 大聖寺の総鎮護加賀神明宮の桜まつりが始まった。4月12日は宵宮で神明宮でお祓いを済ませた獅子舞が町内を練り歩いている。私の住む大聖寺錦町でも朝10時から本陣を皮切りに町内を演舞している。明日から本祭りで本町の囃子方と踊り、越前町の踊りや6町内ほどの獅子舞が各町の本陣を巡って歩く。  先日満開となった熊坂川の桜は散り始めているが、桜吹雪の中を進む神輿行列を見ることができそうだ。らくやき体験工房…

続きを読む

加賀神明宮春季大祭はじまる

 大聖寺の総鎮護「加賀神明宮」の例大祭が始まった。神輿が巡幸する町内には注連縄を張って神輿をお迎えする。賑わい町は獅子舞や子供神輿が練って祭りをもりあげる。地元の錦町も。青年団の獅子舞や子供会の神輿が各家を巡る。小学校6年になった孫が神輿行列の随神で参加している。明日の天気が心配です。

続きを読む

桜満開の下獅子舞や神輿練り歩く

 加賀神明宮の本祭りが始まった。神輿行列が満開の桜の下、大聖寺の氏子町を巡り、荒町の水守神社へむかう。氏子町では朝から獅子舞や子供神輿が町内を練り歩いている。  らくやき体験工房の横が下屋敷町の本陣となっていて他町の獅子舞や囃子方がやってきてとても賑やかだ。観光駐車場が体験工房前にあるのでぜひお寄りください。

続きを読む

加賀神明宮八朔まつり

 大聖寺の総鎮護である加賀神明宮の八朔まつりが9月1日、2日行われます、ここ2、3年は雨が降るあいにくの天気模様でしたが、今年は二日間とも雨の心配は無さそうです。  昨日の31日、らくやき体験工房のある地元下屋敷町の子供神輿が町内を巡幸しました。例年は9月1日に行っていましたが、学校の始業式が8月31日と早まったため、一日繰り上げての実施となりました。らくやき体験工房にも来てもらい、ワッショイ…

続きを読む

大聖寺錦町夏まつりまもなくオープン

 第33回錦町夏祭りが小中出建設駐車場で行われます。町民の親睦を目的に毎年行われており、小中出建設様がお得意様ご招待を兼ねて共催参加しています。会場では町内の各団体のテントが並び、14時からオープンするため準備に追われています。錦町の夏祭りは町内以外の方でも自由に参加できるのが特徴で、カラオケ大会やお楽しみ抽選会にも参加できます。焼き鳥や生ビールなどすべて現金で購入できますのでぜひご来場下さい。…

続きを読む

大聖寺加賀神明宮 桜まつり

 4月6日(水)加賀市立錦城小学校の入学式が行われ、満開となった桜並木を新一年生が親と手をつないで学校に行く姿が見られました。本日7日は雨模様、熊坂川の川面は散った花びらで「花筏」となっていました。  大聖寺の総鎮護加賀神明宮の春の例大祭「桜まつり」が9日(土)、10日(日)午後行われます。お神輿行列は9日は加賀神明宮を出発し大聖寺の氏子町内を巡りながら御旅所の「水守神社」へ向かいます。10日…

続きを読む

大聖寺加賀神明宮春季大祭 さくらまつり始まる

 大聖寺の総鎮護「加賀神明宮」の春季大祭が始まった。通称 桜まつり と呼ばれちょうど桜の満開時期と重なるため多くの見物客で賑わう祭りである。昨日は宵祭りで氏子町内では注連縄が張られ獅子舞の太鼓が聞こえていた。11日、12日は本祭りで加賀神明宮の神輿が氏子町内を巡幸する。  加賀神明宮を12時30分に出発しお旅所の荒町水守神社まで巡幸する。明日は水守神社を12時30分に出発し加賀神明宮に還幸する…

続きを読む

やってみんかいね楽焼絵皿 入賞者決まる

 やってみんかいね楽焼絵皿は10月18日(土)、19日(日)の両日、大聖寺地区会館周辺で行われる「第19回文化の祭典」会場で展示される。展示に先立ち加賀市美術館館長の長谷川清氏による審査会が行われた。8月~9月にかけてらくやき体験工房や保育園などで描かれた227点の中から入賞作品4点、奨励賞作品8点が選ばれた。加賀市立錦城東小学校1年の西出綾乃さんの絵皿が最高賞の大聖寺地区まちづくり推進協議会会…

続きを読む

9月1日は加賀神明宮の八朔まつり

 大聖寺の総鎮護加賀神明宮の八朔まつりが9月1日、2日行われる。夜は境内に並べられた竹あかりに火が灯され幽玄の世界に包まれる。竹あかりの準備のため8月30日午前加賀神明宮の氏子役員が集まり竹を切ったり並べたりしていた。また境内中央には竹の櫓が組まれ八朔まつりのシンボルが完成した。  加賀神明宮八朔まつり   9月1日(月)午後7時から       日本舞踊 泉 幸志社中   9月2日…

続きを読む

祭りの後は花吹雪

 今年の加賀神明宮の春季大祭「桜まつり」は満開の桜の下での神輿巡行となりました。寒かったのと風が吹かなかったのが幸いし、4月6日頃にほぼ満開になった桜が一週間も散らずに花が持ちました。加賀神明宮の御祭神「天照大御神」のお恵みと思うばかりです。らくやき工房前の観光駐車場に車を止めて花見や祭り見物に行かれる人も多く祭りの二日間は満車の状態でした。4月13日(日)は営業していたので、地理不案内の方に大…

続きを読む

桜まつり本番

 加賀神明宮の桜まつりは初日をむかえ神明宮参道の露店も賑わっています。各町内からは獅子舞の太鼓の音が聞こえてきます。風もない温かい天気となり絶好のまつり日和です。我が家の三人の孫も子供みこしに参加するためそろいの半被に鉢巻を締め飛び出していきました。午前中は町内の子供みこし、午後は町内の獅子舞と神明宮のお神輿がやってきます。そのためらくやき体験工房は今日は臨時休業です。明日は通常通り営業します。…

続きを読む

明日から加賀神明宮桜まつり

 大聖寺は満開の桜に包まれている。風も無くやや肌寒い気候のため桜もあまり散らず明日から始まる桜祭りのための舞台つくりをしてくれているようだ。  明日の神輿行列は12時30分に加賀神明宮を出発する。氏子の町内をめぐり水守神社(大聖寺荒町)に到着する。13日(日)は12時30分に水守神社を出発し夕方加賀神明宮に戻る。二日目に通過する町内が賑わい番となるのだが今年は踊りや囃子方を奉納する町内は無くや…

続きを読む

八朔まつりの竹あかり作り

 大聖寺の総鎮護加賀神明宮の八朔まつりが9月1日、2日と行われる。本日30日は神社の世話方が集まり奉納提灯を下げたり、恒例となった竹あかり作りが行われた。天気予報は台風と前線の影響で雨となっていたが大聖寺は時々太陽がのぞく天気でした。中央には灯りをともすモニュメントも完成しあとは1日午後6時からの点灯を待つだけとなった。境内に並べられ竹灯篭1000個に明かりが灯されると、境内は幽玄の世界へと変わ…

続きを読む

下屋敷町夏まつり

 らくやき体験工房のある大聖寺下屋敷町の夏まつりが7月27日(土)17時から開催される。工房横の公民館が会場となるため今日は朝から会場の設営で大忙し、蒸し暑さと炎天下の作業で係員の方は大変です。売店は5時開店のためそろそろ焼き鳥を焼くための炭火をおこしていました。   今日は大聖寺各地でも夏祭りが行われます。私が住む錦町も午後1時から夏祭りが始まっています。午後8時30分から30,000円の旅…

続きを読む

夏越しの祓いで茅の輪くぐり

 加賀神明宮では6月30日午後5時から夏越しの祓いが行われる。当日は拝殿前に祭壇が組まれ、海の幸や山の幸が供えられ、氏子から寄せられた人形が三宝に載せられて穢れが払われる。午後5時から行われる祭祀では神主の祝詞が奏上され神主を先頭に茅の輪を左→右→左とまわる。「水無月の夏越しの祓いをする人は千歳の齢(よわい)延というなり」と唱えながら前半の半年間の穢れを祓う。神事の後参拝の氏子には氷室饅頭が配ら…

続きを読む

加賀神明宮桜まつり始まる

 大聖寺の総鎮護加賀神明宮春の例大祭 桜まつり が今日から始まった。昨年と違い散り桜となってしまったが明日、明後日と御神輿渡御が予定されており、当番町が繰り出す獅子舞や踊りも行われ、大聖寺の町中は祭り一色となる。桜まつりは今夕5時からの神事で始まり、明日13日(土)は神明宮から御旅所の水守神社まで、14日(日)は水守神社を出発し加賀神明宮まで御神輿行列が巡行する。戻りの順路にあたる町内が「賑わい…

続きを読む

加賀神明宮八朔まつりと白山宮石段完成慶賀祭

9月1日、2日に大聖寺の総鎮護加賀神明宮の八朔まつりがおこなわれます。昨日29日、神社関係者が出て提灯の飾りつけや竹灯篭つくりが行われました。今回は白山宮に登る石段が完成したため白山宮の参道にも200本の竹灯篭を並べました。祭礼の両日竹灯篭に明かりが灯され境内は幻想的な雰囲気に包まれます。この機会に白山宮へ参拝しませんか。天気がよければ白山宮から白山が望むことができます。   両日の予定 …

続きを読む

熊坂川の桜 開花

大聖寺の桜の名所 熊坂川の桜が4月9日開花した。昨年より1週間遅れでの開花、長かった寒い季節ともお別れ、花見の準備をしなくては・・・・らくやき体験工房横のさくら霊園のシンボルも開花した。    加賀市の桜開花情報は kaga・旅・まちネット へ 【開花した熊坂川のさくら】  加賀神明宮さくらまつり神輿巡行予定 4月14日(土)昼0:30 加賀神明宮出発・・・・・錦町1:45…

続きを読む

加賀神明宮の八朔まつりと竹あかり

加賀大聖寺総鎮護加賀神明宮の八朔まつりが9月1日(木)、2日(金)の二日間開催される。3年前から行われている竹あかりも定着し、今年も境内一円に竹灯篭が並べられた。点灯は両日とも午後6時、境内が竹あかりの柔らかい光に包まれ幻想的な雰囲気を醸し出してくれる。是非見物においで下さい。   八朔祭りご案内     9月1日(木)午後6時 竹あかり点灯             午後7時 日本舞踊…

続きを読む

さくらつぼみ膨らみ大聖寺さくら祭り

大聖寺の鎮守加賀神明宮のさくら祭りがいよいよ4月9日(土)、10日(日)開催される。熊坂川のさくらの蕾もようやくふくらみ祭り当日開花となりそうです。加賀神明宮の常任総代となって4年目、今年も御輿行列の先導をおおせつかりました。古式にのっとり裃に一文字笠、木杖を持って神様を先導します。  今年の巡行は下記の通り  ◎4月9日(土)     加賀神明宮0.30→本町0.40→京町1:20→福田…

続きを読む

大聖寺桜まつり

大聖寺は例年に無く寒い日が続いており、今日3月23日も雪が空から降っています。らくやき体験工房横のさくらもつぼみが少し膨らんだ程度、開花予想は金沢で4月8日だそうです。  加賀神明宮の春季大祭「さくら祭り」は4月9日(土)、10日(日)の二日間行われますがさくらが開花するかどうかと言ったところです。昨年は桜吹雪の中を御輿が巡行されたのと大違いです。1000年に一度の大災害に見舞われた今年は天候…

続きを読む

火の鳥はばたく 竹あかりの夜試験点灯

大聖寺にある加賀神明宮八朔祭りが9月1日、2日開催されるが、竹あかりの夜のシンボルである「火の鳥」の試験火入れが8月31日夜行われた。描かれた火の鳥の背面にろうそくが灯されると鳥が浮かび上がると境内は幻想的な雰囲気に包まれた。1日、2日は夜6時に竹灯篭約1000個に灯りが入る予定です。   加賀神明宮にお出かけ下さい。  写真は火の鳥

続きを読む

加賀神明宮八朔まつり竹あかりの夜 今年は火の鳥

加賀大聖寺の総鎮護加賀神明宮の八朔まつりは9月1日(水)2日(木)の2日間行われます。昨年から始めた竹あかりの夜の演出も2年目を迎え、8月22日(日)神社の世話人が奉仕して竹灯篭つくりが行われた。今年は昨年より雰囲気を盛り上げようと、高さ2メートルに揃えた竹を並べ「火の鳥」を掘り込んだ。当夜はおよそ1000個の竹灯篭に灯りがつき、また「火の鳥」も点灯され境内は幽玄の世界に包まれます。ご期待下さい…

続きを読む

竹あかりの夜幻想的に

加賀大聖寺山ノ下寺院群にある加賀神明宮の八朔祭りは9月1日、2日行われた。今年から「竹あかりの夜」イベントが開催され、境内は700本の竹灯篭が一斉に灯され幻想的な雰囲気に包まれた。参詣に訪れた人たちは竹筒に反射するろうそくの灯りに魅入っていた。来年は竹筒1000本を目指し本格的に実施する予定です。  写真は竹あかりの加賀神明宮境内

続きを読む

加賀神明宮八朔祭り竹あかりの夜を演出

大聖寺の総鎮護である加賀神明宮の八朔祭りは9月1日、2日開催されるが、今年は例年と違ったイベントが行われる。孟宗竹を切り境内に並べて竹あかりの夜が演出される。去る8月23日に神社関係者が孟宗竹30本を切り出し約600本の竹筒を制作し境内に並べた。点灯は1日、2日とも日没後行われ神明宮境内は幽玄の世界に生まれ変わる。是非加賀神明宮においでください。なお、8月30日(日)午後8時から試験点灯を予定し…

続きを読む

大聖寺桜祭り明日から

大聖寺山下神社の春季大祭は4月10日(金)~12日(日)まで行われます。桜の名所である熊坂川は満開となり、多くの見物客で賑わっている。9日は午後から加賀神明宮の役員が出て御輿などの点検や掃除、提灯の飾りつけ行われていた。MROラジオ「GoGoは本多町三丁目」でも準備の様子が中継された。11,12日は大聖寺桜祭りに来てね。  御輿の順路と通過予定時間は次の通り ◎4月11日(土)   神明宮…

続きを読む

大聖寺の桜の名所 熊坂川の桜満開

大聖寺は5月上旬の暖かさとなり、熊坂川の桜が満開となりました。昨日の日曜日には多くの花見客が訪れ満開の桜を楽しんでいました。夜はぼんぼりが点灯し、ライトアップされた夜桜を楽しむことが出来ます。今週一週間は晴天が続きますので大聖寺へ出かけてみませんか。大聖寺のお出かけ情報はKAGA・旅まちネットで確認してください.  駐車場ご案内:加賀中央図書館・九谷焼美術館・蘇梁館・江沼神社をご利用下さい。 …

続きを読む

菅生石部神社の奇祭御願神事

2月10日、加賀・江沼総鎮護菅生石部(すごういそべ)神社で五穀豊穣などを祈願する祭り「御願神事(ごんがんしんじ」が行われた。小雨が降る中午前11時から神事が行われ、拝殿の版木が打ち鳴らされると青竹を掲げた白装束の氏子が境内になだれ込みいよいよ通称「竹割り祭り」が始まった。300本近い青竹を境内や拝殿の石にたたきつけて次々と割っていく、青竹の割れる音で邪気を祓うという。やがて拝殿から縄でこしらえた…

続きを読む

大聖寺まちづくり文化の祭典 らくやき入賞者決まる

大聖寺地区まちづくり推進協議会が主催する文化の祭典が10月18日、19日の両日大聖寺地区会館を会場に開催されます。「やってみんかいね楽焼体験」を受講した28名の作品を陶芸作家堀江祐夫子氏に審査していただき下記の6名が入賞した。   加賀市長賞 彦野一枝 飴黒釉長頸花入   加賀市教育長賞 山村文枝 黒釉四角花器3ケ組   加賀市議会議長賞 井上利一 墨壺と筆洗   大聖寺まちづくり会長賞…

続きを読む